ジャンボタニシをやっつけろ!工学的防除装置の実用化希望

柳生 義人 佐世保高専 電気電子工学科 准教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

水稲に甚大な被害を与えることのある「ジャンボタニシ」に対して、その動きを電気でコントロールし、超音波で殺傷する技術の特許を取得しています。現在は、水田で実証試験を行っており、実用的な使用方法やノウハウを蓄積している。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

工学的防除技術を基盤としたジャンボタニシ殺傷装置の開発や高度化を目指して協働できるメーカー様や、実証試験フィールド(水稲水田)をご提供頂ける関係団体様との連携を期待します。

連携活動の特徴

・化学薬剤を使わないため、持続可能な環境保全型農業に寄与する防除技術になり得ます。
・佐世保高専学生3名と共に連携活動を行います。
・ジャンボタニシに関して多くの知見を有しており、連携活動に活かすことが出来ます。

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・世界初の工学的手法を用いたジャンボタニシ防除法の実用展開が期待できます。
・電気や超音波を用いた生物制御に関する新たな技術につながる可能性があります。
・農林水産省「2019年農業技術10大ニュース」に選定されるなど注目度のある技術です。

一覧に戻る