高専発!新たなイオン液体材料と応用

綱島 克彦 和歌山高専 生物応用化学科 教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

当研究室では、主としてリン系ホスホニウム型カチオンと種々のアニオンを組み合わせて、高機能なイオン液体材料をデザインして合成し、その機能評価を行ってきました。これまでに、二次電池や湿式太陽電池などの電解質、金属電析回収プロセス、蓄エネルギー材料へ応用展開してきた実績があります。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

イオン液体は、電解質などの電気化学的な応用はもちろんですが、それ以外の液体が関わる材料系や添加剤的な用途でも広く用いることが可能です。イオン液体の化学構造や特性は目的に応じてカスタマイズできますので、企業ニーズに応じた連携が可能と考えられます。

連携活動の特徴

・開発済みイオン液体の豊富なラインナップ(置換基導入型、高機能アニオン導入型など)
・企業ニーズに応じたイオン液体材料のカスタム合成
・電解質材料や電気化学プロセスなどの設計や技術提案

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・イオン液体材料を主体とする(または添加する)新規の材料やプロセスの開発
・イオン液体材料を主体とする(または添加する)材料やプロセスの特性改善

発表内容に関わるWebページ

https://tsunaken.wixsite.com/tsunaken
一覧に戻る