寒冷地におけるZEHを目指した未来型スマートハウスの開発

菊田 和重 苫小牧高専 創造工学科 機械系 教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

一人あたりのCO2排出量が非常に多い北海道などの寒冷地において、ZEH実現のために学内にある未来型エネルギー実験施設(2階建て、124㎡)を利用し、新エネルギー機器の研究開発ならびにAIを駆使したEMSに関する研究開発を行っている。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

寒冷地におけるZEH実現のために、新エネルギー機器の研究開発ならびにEMSに適したAIの研究開発。また、ZEHを目指した未来型エネルギーハウスとスマートモビリティの結合に関する研究開発。

連携活動の特徴

・一軒家を模擬した実験装置(ハウス)がある
・寒冷地の実験ハウスに実生活パターンを模擬した任意のエネルギー負荷を与えられる
・寒冷地において非常に重要な熱エネルギーを主体とするEMSの研究開発が可能

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・寒冷地におけるZEHを目指した研究開発であり、取組みがあまりなされていないため、この分野をリードできる
・ZEHにとどまらず、ZEBにも適用可能
・本研究で開発するEMSは、エネルギーマネジメントが必要なあらゆる分野で適用可能

一覧に戻る