AI送電線点検の事例のご紹介とAI高専スタートアップとの連携のご案内

武智 大河 香川高専 電子情報通信工学専攻 2年

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

AIによる送電線の異常検出システムを開発している、株式会社三豊AI開発は発表者が代表を務める高専スタートアップです。三豊AI開発では送電線の外観を撮影する送電線点検ロボットの開発にも携わっており、データの取得からAIの実装、その先の提案までトータルで技術を提供することが可能です。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

ご紹介するAIによる送電線の異常検出システムの事例をベースに、参加企業様がお持ちの課題をお聞かせいただき、それを解決する方法を1からご提案させていただき実際に実装まで行います。まずはお気軽にご相談ください。

連携活動の特徴

・事例をベースにAIで、できることがイメージしやすい
・ハードウェア系、ソフトウェア系それぞれ知識のあるメンバーが所属
・画像解析分野以外にもデータサイエンス分野でも協力可能

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・データ収集からAIの実装、その先の提案までトータルで協力可能
・高専スタートアップとの連携
・スタートアップならではの柔軟生とスピード感

発表内容に関わるWebページ

https://mitoyo-ai-dev.com/
一覧に戻る