AIを使用した駐車場混雑状況把握システムの紹介とその他の応用の紹介

山田 斉 香川高専 電子情報通信工学専攻 1年

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

AI特に深層学習を利用した駐車場混雑状況把握システムを開発し公共施設等の駐車場に設置している。本システムは応用範囲が広く、応用分野を提供頂き卒業研究(本科)・特別研究(専攻科)の一環として共同研究・共同開発していく会社を広く募集します。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

自社にAIを導入したいという会社にとっては学生と共に課題をクリアすることでさらにAIの理解が深まり応用範囲が広がると思います。

連携活動の特徴

・駐車場把握システムを導入したいと思っている会社
・駐車場把握システムを応用することで課題を実現したいと思っている会社
・高専の専攻科・本科の学生と共にAIを勉強し開発したいと思っている会社

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・簡単なシステムで導入が可能
・いろいろな条件下で動作可能なシステムを改良し実現可能(電源の有無、無線LAN等の有無等)
・いろいろなカスタマイズも受け付ます。

一覧に戻る