ブロックチェーンを用いた地方交通サービスむけIC カード決済システム開発

波多 浩昭 福井高専 電子情報工学科 教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

ブロックチェーンを使ってICカードリーダ側のセキュリティ機能を省くことで、廉価なICカード決済システムプロトタイプを開発中。さらにブロックチェーンによりBtoB決済目的の地域通貨を実現する。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

1.実装担当 我々のプロトタイプを車載や野外での仕様に耐えうる製品レベルでの実装販売
2.検証担当 我々のプロトタイプが決済手段としての有効有用であることを実証実験

連携活動の特徴

・情報ネットワーク開発システムの実用化商用化の経験は豊富です
・具体的なビジネスの手段としてICT技術を捉えた連携活動を行います
・ICT技術を使って価値(利益,赤字縮小,付加価値創造など)を生み出だします

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・プロトタイプをシーズとした新しいサービスの提供
・新しい顧客セグメントの開発
・経費縮小,赤字圧縮

一覧に戻る