電線点検ドローンを使用した実証実験を行いたい。

岩本 直也 香川高専 電子システム工学科 講師

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

送電線点検は現在ドローン、ヘリコプターが送電線付近を飛行し一方向のみの動画からAI等を使用し点検が行われている。電線点検ドローンは送電線までドローン機能で送電線まで飛行し、電線点検ロボット機能で電線を3方向(全方向)から動画撮影可能。試作が完成した場合、実証実験を行いたい。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

試作機で実際の送電線を用いた実証実験を行いたい。さらにその応用分野の提供を受け、専用プロダクトを共同研究、連携研究により開発したい。

連携活動の特徴

・送電線点検の実証実験を行いたい。
・送電線点検以外の分野の応用を提案して頂き共同開発したい。

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・特許技術を使用したプロダクトの開発が行える。
・送電線点検の実証実験により導入の可能性を探れる。
・高専の学生との共同研究により企業イメージが向上する。(就職先としての可能性)

一覧に戻る