合金粉末を使用しない金属積層造形法(金属3Dプリンタ)技術と金属組織制御

當代 光陽 新居浜高専 環境材料工学科 准教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

合金粉末を必要としないレーザ積層造形法を開発している。特殊な合金の創成、組織制御、結晶配向を同時に制御でき特異な力学特性や機能を発現させることができる技術である。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

新たな合金製品を混合粉末から造形していきたいと考えている。

連携活動の特徴

・大阪大学中野貴由教授との共同研究である
・金属積層造形技術を用いた特殊合金の製作
・金属積層造形法技術を用いた金属組織制御

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・金属積層造形によって作製された金属製品の評価や組織制御による改善法が得られる

一覧に戻る