地域のオンリーワン企業と挑む共生社会実現の取組み

三浦 靖一郎 徳山高専 機械電気工学科 テクノ・リフレッシュ教育センター副センター長 准教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

県内を見渡すと、業界では知名度があるが学生には知名度がないオンリーワンの技術を持つ中小企業が存在する。その企業の困り感を共有し、お互いを知りフェアな関係を構築することで、困り感の改善、企業の強みを活かした人材育成案の作成、職人と学生との融合による製品の設計・開発などを行っている。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

その業界で高い技術力や一定シェアを持つが新卒採用に課題を抱える企業や現状の企業規模により会社PR、新卒採用、社員教育などに課題を抱える企業に、これまでの産学連携による人材育成や社会実装の事例を紹介したい。

連携活動の特徴

・困り感の共有からはじめ、会社の強みを活かした各種業務の提案ができる。
・自社技術を学生・若手社員に伝わるインターンシッププログラムや社員研修に落とし込む提案ができる。
・連携活動を通して、人材育成や生産現場の治具開発・製品開発へつなげた実績がある。

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・理学・工学・心理学の視点から、自社の強みや自己資源を知ることができる。
・自社の強みを活かして、インターンシップ、社内研修、採用など循環型の人材育成が提案できる。
・技術相談だけでなく社員のメンタリングなどができる。

発表内容に関わるWebページ

https://www.tokuyama.ac.jp/chiikirenkei/
一覧に戻る