キレート反応をベースとして廃棄物から有価金属を抽出する

澤井 光 茨城高専 国際創造工学科 化学・生物・環境系 助教

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

キレート剤を用いた湿式抽出(キレート抽出)は、固相の金属成分を錯体形成に基づいて強力に水に溶解することが可能で、高い温度・圧力・酸性などは必要としない環境に調和した金属抽出プロセスを提供可能です。この方法を用いて、これまでに精錬飛灰や鋳造廃棄物に含まれる金属成分を抽出する技術を開発してきました。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

様々なバックグラウンドをもつ廃棄物に対してキレート抽出を実施し、その適性に関する知見を収集したいと考えています。参加企業様におかれては、金属成分を多量に含むなど、処理にお困りの廃棄物について利活用の方法を共同開発できると嬉しいです。

連携活動の特徴

・固体廃棄物,土壌などの取り扱いに通じています。廃棄物に関してであれば上述の金属抽出以外のことについても何らかの知見を提供できる可能性があります。
・金属成分の定性,定量を可能とする研究設備が整っています。

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・発生する廃棄物の利活用方法の模索が可能です。
・廃棄物を有価物に変える研究開発は,SDGsの達成に大きく寄与します。

一覧に戻る