海の安全を守るための同期式照明装置

濵﨑 淳 広島商船高専 電子制御工学科 准教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

海上に設置してあるいかだ等に同期式照明を取り付けることで、船舶の衝突を防ぐことを目的としている。動作検証済みであるが、海上での電源確保について目処が立っていない。実際に船に乗る方からは必要性があると言われている。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

海上での電源確保および実際の現場での使用および効果の検証

連携活動の特徴

・海の安全を守るだけでなく海の情報も得ることができる。

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・海上での同期式照明の実用化ができる。

一覧に戻る