糖尿病患者用アプリを一緒に広めませんか?

平野 雅嗣 明石高専 電気情報工学科 教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

お薬手帳や、体温や体重など記録するアプリ、電子カルテアプリの開発が進んでいる。しかし糖尿病患者向けの医師と患者が相互に健康状態のデータを共有できるようなアプリは開発されていない。そこで食生活や血糖値のログなどを記録し、臨床検査データと併せ医師と共有することで、治療効果を上げるアプリの開発を行う。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

病院からの要求に従い以下の機能を実装する。
・体重、血糖値、摂取カロリーなど毎日記録するデータを、測定した日時のデータと一緒に記録し必要なものはグラフ化
・カルテのデータのうち健康状態を知るため必要なものを閲覧
・記録を忘れることがないよう指定した時間にアラーム
プロトタイプの作成・検証は、こちらで行うので改良、営業を連携したい。

連携活動の特徴

・使いやすさやセキュリティ向上
・安定した稼働
・営業活動

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・医療向けアプリへの進出
・糖尿病治療の権威との連携

一覧に戻る