カーボンニュートラル地方活性化ネットワーク

西口 廣志 佐世保高専 機械工学科 准教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

発表者はこれまで炭素鋼の強度特性に及ぼす水素の影響、また水素侵入防止を行う製膜技術の開発、自然エネルギーを活用した水素発生・貯蔵・消費を両立する移動体の開発研究などを行ってきた。また水素事業化研究会をこれまで行い、県内の企業等のカーボンニュートラル啓蒙活動を実施してきた。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

これまで行ってきた水素脆化研究、水素脆化防止膜研究、水素利用モビリティに関する研究を活かし、カーボンニュートラル技術の最新の実用化技術の開発支援を行う。すなわち企業との共同研究を通し、教育の教材開発をし、かつ企業の認知度も向上させ就職支援もすることを行う。

連携活動の特徴

・西口廣志准教授と研究室のメンバー2名と協働して連携活動を行います。
・西口研究室では水素エネルギーに関する様々なシステム開発、基礎研究を行っており、その知見を活かせます。
・西口廣志准教授は産学官連携および高専間連携を積極的に推進しており、幅広いネットワークからの技術支援を行うことができます。

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・カーボンニュートラルに関する新しい共同研究開発が期待できます。
・参加企業への認知度が高まり、就職支援が行えます。
・カーボンニュートラルに関する教育教材が完成され、参加企業への研修に役立てます。

発表内容に関わるWebページ

https://researchmap.jp/read0150454
一覧に戻る