地域福祉と共生社会実現に向けたKOSEN-ATライブラリによる支援機器の開発と全国展開

清田 公保 熊本高専 人間情報システム工学科/企画運営部 教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

これまでに全国の高専で開発してきた支援機器・技術(AT)をまとめたKOSEN-ATライブラリを活用した支援機器開発シーズ・レシピを用いて、地方における共生社会実現のため、障がい者や高齢者など当事者の困りごとを解決するためのプロトタイプ開発技術を提供する。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

全国の高専をブランチとした福祉機器や支援機器の開発、サポート支援をKOSEN-ATと連携することで福祉産業の全国展開を実現する。

連携活動の特徴

・KOSEN-ATライブラリの開発環境の共有
・支援機器販売後の当事者サポートと改良の支援
・特別支援学校やNPO法人への開発機器の紹介

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・市販機器のアフターケアの全国高専による支援体制との連携
・当事者による開発機器のモニタリング支援の協力
・ATスキルを持った高専学生との共同開発

発表内容に関わるWebページ

https://www.kosen-at.com/
一覧に戻る