各種金属製品の高信頼化に向けた材料プロセス設計

真中 俊明 新居浜高専 環境材料工学科 講師

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

これまで構造用金属材料を使用する際に問題となる水素に起因した破壊を抑制することを目的として、アルミニウム合金、鉄鋼材料、マグネシウム合金中の水素の可視化、それらの合金の水素脆化感受性の評価に取り組んできました。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

機械的特性、金属組織、水素挙動を関連付けて、金属材料の水素が関与した破壊や不具合を防止するための材料設計やプロセス設計に共同で取り組むことを期待します。具体的には、溶接時の低温割れ、機械材料の応力腐食割れや水素脆化、材料中の水素分析などです。

連携活動の特徴

・溶接技術に関しては中四国内の高専と協力しています
・金属組織観察、機械的特性評価、水素分析を一機関で実施できます

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・機械部品の不具合解析
・金属製品中の水素測定

一覧に戻る