上司による若手技術者の育成方法

岩坂 理沙、宮下 日向子 富山高専 国際ビジネス学専攻 1年

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

宮重研究室では、最新の経営学理論に基づいて、企業の競争優位の源泉を明らかにしてきた。研究開発や技術経営の観点からのアプローチに加えて、人材開発や人事管理の観点からもアプローチをしている。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

人材育成における上司の行動が、若手技術者に対して、どのような影響を及ぼしているのかを明らかにできることを期待しています。

連携活動の特徴

・宮重研究室では、企業における競争優位の源泉を明らかにしており、その知見を活かせます。
・岩坂と宮下の2名が主に研究を遂行しますが、他の研究室メンバーも必要に応じて参加します。

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・人材開発や人事管理に関する知見に加えて、研究開発や技術経営の知見も得られます。
・御社に適した若手技術者の育成方法が明らかになります。

一覧に戻る