高専型の高性能小型PCの開発に関する研究プロジェクト

仲川 力 舞鶴高専 電子制御工学科 教授

発表日時

連携活動のベースとなる既存技術や従前からの活動概要

本プロジェクトは、教育界と産業界が協働して高性能小型PCを開発しを目的とし、これに関する調査・研究および仕様策定の準備を行うとともに、高専研究ネットワークとNPO法人AMATERASを立ち上げた。また、プロトタイプのボードを用いて具体的なシステム構築を行っている。

参加企業等と行いたい具体的な連携活動

目標とするPCは、産業分野における利用も念頭にしているので、そのために必要な仕様に関する意見をお聞きしたい。また必要に応じて技術情報の提供や設計製造にご協力を賜りたい。また、学生への教育観点からインターンシップや技術者の講演などを通じて、IT分野への興味の喚起と人材育成への協力を得たい。

連携活動の特徴

・高専研究ネットワーク「高専に適した研究・学習用小型コンピュータボードの研究ネットワーク」と協働します。
・NPO法人AMATERASのメンバーと協働して活動を行います。
・プロトタイプのボードで動作検証を行います。

参加企業等がメリットだと思う、連携活動により期待される成果

・高性能小型PCに対する仕様策定への参加
・RISC-Vアーキテクチャに関する情報の取得
・海外情勢に左右されない安定的なIT機器の調達

発表内容に関わるWebページ

https://amateras.tech/
一覧に戻る